③後遺障害等級14級:等級認定非該当だったが、異議申立をして14級を獲得し、保険会社の提示額よりも190万円増額できた事例

追突されたGさんは頸椎捻挫で後遺症に悩まされるようになりました。
ところが事前認定では後遺障害が認定されず、それを前提に保険会社から60万円程度の既払金のみでの和解を打診されました。
苦しい後遺症に毎日悩まされているのに後遺障害が認定されないこと、金額が余りに低いことに納得できず、Gさんは相談に来られました。
 
Gさんからよく事情をお聞きすると、上記頸部~肩痛・頭痛・神経症により日夜悩まされており、労働力も低下し、「首を切ってほしい。」と思うくらいつらい日々を送っておられることが分かりました。
しかしGさんの苦痛の原因はレントゲン等に写らず、他覚的所見がなく立証が難しいものでした。
そこでGさんから苦痛の状況を詳しく聞き取り、それを専門医に見せて意見書を書いてもらい、専門医の意見書とGさんの陳述書をつけて後遺障害等級に対する異議申し立てを行いました。
その結果異議が認められ、Gさんは後遺障害14級と認定され、逸失利益・後遺障害慰謝料総額約250万円が支払われました。
 

電話相談無料 06-6873-8111(受付時間9:30〜17:30)

相談票.png

 

Sub Contents
Contents
Access Map

大阪千里法律事務所
最寄り駅
千里中央駅 徒歩約1分
クリックすると拡大されます

クリックすると拡大されます
対応エリア
豊中市・箕面市・吹田市を中心とした大阪府全域に対応

大阪千里法律事務所 豊中、箕面、吹田の弁護士による離婚相談

banner-1.png