⑥弁護士が病院同行して完璧な後遺症診断書を作成してもらった結果、後遺障害等級14級が取得でき、322万円を獲得した事例

依頼者情報

40代女性 後遺症14級

 

症 状 名

外傷性頚肩腕症候群・胸腰椎捻挫・右下股痺れ感・事故後高血圧・企図振戦

 

事故状況

高速道路渋滞進行中、後ろから追突された。

 

相談に至るまでの経緯

弁護士が交渉しないと保険会社は裁判基準どおりに賠償金を支払わないことをご存知だった。

後遺症が認定されないという事態にならないよう、病院への付添を依頼しに来られた。

 

結果

保険会社の示談金 呈示なし → 弁護士が交渉した後の示談金 3,228,074円

14級認定。

労働能力損失期間4年半を認めさせ、3,228,074円回収。

 

解決ポイント

病院に同行し、医師に後遺障害診断書の書き方をアドバイスし、14級認定が取れた。

労働能力喪失期間については、相手方は3年を主張したが、4年半を認めさせた。

電話相談無料 06-6873-8111(受付時間9:30〜17:30)

相談票.png

 

Sub Contents
Contents
Access Map

大阪千里法律事務所
最寄り駅
千里中央駅 徒歩約1分
クリックすると拡大されます

クリックすると拡大されます
対応エリア
豊中市・箕面市・吹田市を中心とした大阪府全域に対応

大阪千里法律事務所 豊中、箕面、吹田の弁護士による離婚相談

banner-1.png