⑧後遺障害等級非該当:主夫としての休業損害14日分、逸失利益5年分を認めさせ、保険会社の提示額より160万円増額できた事例

依頼者情報

50代男性 等級なし

 

症 状 名

頸部捻挫・中心性頸髄損傷・腰部捻挫

 

事故状況

高速道路走行中、飲酒運転の相手車に追突される。

 

相談に至るまでの経緯

保険会社の呈示が適正か調べていたら、「弁護士に依頼すると賠償金が増額される」と知り相談に来られた。

            

結果

保険会社の示談金 150万円 → 弁護士が交渉した後の示談金 3,111,834円

主夫としての休業損害14日分、逸失利益5年分を認めさせた。

 

解決ポイント

主夫として、14日間働けなかったことを具体的に主張した。その余は全て裁判基準どおり認めさせた。

電話相談無料 06-6873-8111(受付時間9:30〜17:30)

相談票.png

 

Sub Contents
Contents
Access Map

大阪千里法律事務所
最寄り駅
千里中央駅 徒歩約1分
クリックすると拡大されます

クリックすると拡大されます
対応エリア
豊中市・箕面市・吹田市を中心とした大阪府全域に対応

大阪千里法律事務所 豊中、箕面、吹田の弁護士による離婚相談

banner-1.png